Sakie

PRINCE WAIKIKI

プリンススタイル
NEW

世界を旅する私が、いちばん自分らしくヘルシーでいられる場所

Sakie トラベルインフルエンサー

Sakie
SCROLL

旅を仕事にしている女性がいる。インスタグラマーとして人気を集め、現在では世界を旅しながら旅行系コンテンツ制作や写真撮影などを手がけているSakieさんだ。さまざまな国を飛びまわる彼女だが、昨年だけでも5回訪れたというハワイは大のお気に入り。プリンス ワイキキにも何度も宿泊したことがあるという。

旅行でも長期滞在でも訪れているハードリピーター

小学2年生の頃、家族旅行でオアフ島・カウアイ島・マウイ島に初めて訪れたというSakieさん。

「でもプールにばかりいた気がします(笑)。カウアイ島のホテルがジャングルみたいだったのは覚えてるかな。当時はまだシダの洞窟の中に入れたんですが、そのときガイドさんにもらった木の実はいまも思い出にとってあります」

その後も家族とハワイに行くことは何度かあったが、初めて自分の意思で「行きたい」と思い立ったのは、シンガポールでの高校生活を終えて日本の大学に入学した直後のこと。フラダンスを習っていた姉に感化され、親友と一緒に旅行に出かけたのだという。それ以来、Sakieさんは毎年ハワイに足を運んでいる。

「気候のよさや独特の甘いにおい、あとはコンパクトで行動しやすいところがすごく気に入ったんです。最初はずっとワイキキにいましたが、そのうちラニカイやカイルアなどのビーチにもバスを使って足を伸ばすようになりました。大学4年のときには3ヶ月ハワイに滞在して、フラを習ったりもしました」

いまでは世界各国をまわり、ハワイ以外のビーチリゾートにもたびたび訪れているSakieさんだが、それでもハワイには特別な愛着があるようだ。

「ハワイには海も山も街もある。ビーチだけでなく、ショッピングも食事も映画もトレッキングも楽しめるから、つまらないと感じることが全然ないんです。たとえ天気が悪くてもやることがたくさんあるって、旅行では大事なことですよね。ハワイに行くと自然とリフレッシュできて、自分らしくヘルシーでいられるので、仕事をがんばったあとに長期バケーションで1ヶ月くらい滞在するのが好きです」

思い思いの過ごし方ができる、プリンス ワイキキのプールサイド

小学生の頃、宿泊していた親戚を訪ねにプリンス ワイキキに行ったことがあるというSakieさん。当時はまだリニューアル前で、名称もハワイ プリンスホテル ワイキキだったが、幼い頃に見たホテルの印象は2017年の全面リニューアルを経て一新したという。

「リニューアル後に初めて宿泊したとき、以前より一層明るくきれいになっていてびっくりしました。いちばんのお気に入りはプールサイド。静かで落ち着いているので、みなさん読書したりお昼寝したりお仕事したり、思い思いの過ごし方をしています。私もよくそこで仕事をしますし、この前なんて気づいたら4時間くらい寝ちゃっていました(笑)。本当に居心地のいい場所なんです」

サンセットが美しく見えるところも、ホテルの魅力だと彼女は言う。

「ワイキキならどこからでもきれいに見えますが、プリンスの部屋から見えるサンセットは格別です。プールサイドでゆっくり眺めるのもおすすめ。街でお買いものに夢中になっていると、気づけば真っ暗!なんてこともよくあるので、旅行の間で1日は意識してサンセットタイムをつくるといいと思います」

ちなみに、最近のSakieさんはどんなハワイステイを楽しんでいるのだろうか。ホットなスポットを聞いてみると、教えてくれたのはダウンタウンの西側に広がるチャイナタウン。

「最近のチャイナタウンは『食』にアツくて、きれいめな創作料理をいただけるレストランとかも増えてきました。なかには予約がとれないお店もあるみたいです。食事ならワイキキだけでも事足りますが、たまにちょっと足を伸ばすと新鮮で楽しい。そういう旬な情報は、いつも現地の友人に教えてもらっています」

仕事は全力投球、プライベートはしっかり休む

フリーランスになって4年目を迎えるSakieさんには、大切にしているポリシーがある。それは、メリハリをつけて働くこと。仕事はめいっぱいがんばるが、休みは必ずつくる。仕事で人と会うのは夕方までで、土日は家で過ごす。

「インスタグラマーとしてブランドPRなどのお仕事のオファーをいただくようになり、会社を辞めてフリーになったんですが、最初の頃は昼も夜も土日もかまわずに働いていました。その結果、体を壊してしまったんです。フリーは体が資本なので、こんな働き方をしていてはいけないと思い直し、いまのようなライフスタイルを心がけるようになりました。仕事内容はこの先変わっていくかもしれませんが、のんびりペースは維持したい。仕事するときは全力投球ですが、家ではけっこうゴロゴロしています(笑)」

現在の目標は、本を出すこと。今年、クリエイターの友人たちとニューヨークに滞在し、ニューヨーク暮らしをテーマにした本の企画制作にチャレンジするという。また、自身の生き方や働き方を多くの人に伝えるためのセミナーの開催なども考えていると教えてくれた。

自分のペースを守りながらも、チャレンジングに活動するSakieさん。彼女に癒しと前に進むエネルギーを与えているのが、ハワイで過ごす時間なのだろう。

「ハワイには『遠い』とか『何かのイベントで行く』というイメージがあるかもしれません。私も以前はそう思っていました。でも、実際は直行便で楽に行けるし、気候も人もあたたかくて気軽に訪れたくなる場所。私のインスタを見て、『ハワイのイメージが変わった!』と言ってくださる方もいます。ひとりでも多くの方にハワイの魅力を知ってもらえたら、とても嬉しい」と、ハワイへの思いを語ってくれた。

「悩むこともあるけど、自分の人生が大好き」。そう明るく笑う彼女の前向きな生き方のヒントは、ハワイに隠されているのかもしれない。

この記事をシェア

NEXT ARTICLE
/getattachment/00000000-0000-0000-0000-000000000000/Joann-Machiguchi.aspx
/getattachment/00000000-0000-0000-0000-000000000000/Joann-Machiguchi.aspx

「清潔」は当たり前。Lokomaika'i(ロコマイカイ)の心で、一歩先を読むサービスを
 

ジョアン・マチグチ プリンス ワイキキ アシスタントハウスキーパー

PRINCE STYLE
記事を読む
PREVIOUS ARTICLE
/getattachment/00000000-0000-0000-0000-000000000000/Baby-Kiy.aspx
/getattachment/00000000-0000-0000-0000-000000000000/Baby-Kiy.aspx

ハワイでの自然体な時間が、曲づくりのインスピレーションに

Baby Kiy アーティスト

PRINCE STYLE
記事を読む
//]]>